海外進出に向けた通訳の重要性と依頼すべき通訳者の特徴

海外進出に向けた通訳の重要性と依頼すべき通訳者の特徴

通訳者は、海外進出において不可欠な存在です。正確な通訳を行ってコミュニケーションを図ることで、信頼関係を築くことができビジネスの成功につなげることができます。

また、通訳の目的に合わせて適切な通訳者に依頼することで、言語のギャップを乗り越えるだけではなく、文化や習慣の違いを理解し、円滑なコミュニケーションを取ることができます。

しかし、最適な通訳者とは何なのか、海外進出時に依頼すべき通訳者の特徴はどういったスキルが必要なのかを判断することは簡単ではありません

この記事では、海外進出にとって通訳者の重要性、依頼すべき通訳者の特徴、依頼前に知っておくべきポイントを解説します。

海外進出には通訳者は必要不可欠

海外進出を行う際、さまざまなシーンで通訳が必要になります。通訳者がいなければビジネスや国際関係において重要な意思決定を行うための情報を共有することができなくなってしまいます。

こうしたコミュニケーション(意思疎通)が必要なシーンで通訳者の存在は非常に重要な役割を果たしています。

海外進出時に通訳が必要になるシーン

海外進出を行う際、通訳者が必要とされるシーンは多岐にわたります。

例えば、海外の取引先との交渉・商談や契約締結、海外展示会や国際会議、海外企業・海外人材とのミーティングなどが挙げられます。

これらのシーンでは、相手の言葉を正確に理解し、適切な通訳を行うことが求められます。

海外進出時の通訳の重要性

海外進出をする企業にとって、通訳の存在は非常に重要です。海外市場において、言語や文化の違いにより、コミュニケーションが困難になる場合があります

つまり、適切な通訳者を選定することで、円滑なビジネス展開を実現することができるということです。

日本企業が海外進出するメリットとデメリットとは?成功のカギを解説

依頼すべき通訳者の特徴

大前提として、通訳者は言語スキルが必要です。海外市場でビジネスを展開する際には、現地の言語を理解できる必要があります。

しかし、海外進出といった重要なビジネス通訳では、言語スキルだけでなく、専門知識も必要です。

例えば、医療分野や法律分野など、専門用語や技術用語が多く使用される分野では、通訳者は相応の専門知識を持っていなければいけません。

通訳者を選ぶ際には、以下の点に意識して依頼すべきかの判断を決めましょう。

  • 言語スキル+専門知識
  • ビジネスコミュニケーション能力
  • 文化・習慣の理解度
  • ビジネス通訳の実績

言語スキル+専門知識

通訳者は、翻訳する言語のスキルとともに、翻訳する対象の専門知識が必要となります。

例えば、医療関係の会議で通訳を行う場合には、医療用語や手順についての知識が必要となります。

同様に、法律や金融、技術分野など、それぞれの分野に特化した知識も必要です。そのため、通訳者を選ぶ際には、言語スキルとともに、対象分野の専門知識も確認することが重要です。

ビジネスコミュニケーション能力

通訳者は、多くの場合、複数の人々とコミュニケーションを取る必要があります。

そのため、コミュニケーション能力が高く、相手の話し方や表情、身振り手振りなどを正確に理解できることが求められます。

また、適切なタイミングで通訳を行い、円滑なコミュニケーションをサポートすることが必要です。

文化・習慣の理解度

通訳者は、異なる文化や習慣を理解することが求められます。異なる国や地域では、ビジネスの進め方やマナー、表現方法などが異なる場合があります。

そのため、文化的な背景を理解し、相手との適切なコミュニケーションを取ることが必要です。

ビジネス通訳の実績

通訳者を選ぶ際には、過去の実績や評判を確認することが重要です。

過去にどのような案件に携わり、どのような成果を挙げているかを確認することで、信頼性や実力を把握することができます。

適切な通訳者を選定することで、言語や文化の壁を乗り越え、海外市場でのビジネスを成功に導くことができます。

通訳者は現地の文化や習慣に詳しく、異なるビジネス文化に適応できる能力も必要とされます。

通訳者には、高度な言語スキル、コミュニケーション能力、専門知識、文化理解などが求められます。高度なトレーニングと認定を受けたプロフェッショナルな通訳者は、複雑なビジネス交渉や国際会議で通訳者の力を発揮することができます。

海外進出を計画する際には、通訳者を選ぶことが重要なポイントの一つです。適切な通訳者を選ぶことで、円滑なコミュニケーションが行われ、ビジネスの成果を最大化することができます。

依頼前に知っておきたい通訳の種類

通訳が必要になるシーンは多岐にわたり、そのシーンによって通訳手法も異なります。

【通訳の種類】

  • 同時通訳
  • 逐次通訳
  • ウィスパリング

それぞれの特徴を理解し、どの通訳手法が適しているのかを事前に把握しておくことをおすすめします。

同時通訳

同時通訳は、話し手とほぼ同時に通訳をしていく形式です。

話し手は通常の会話のスピードで話し続けるため、瞬時に訳すことが重要で、高い言語・通訳スキルが求められます。

ブースを設置し、通訳者はブースからの通訳、聞き手はヘッドホンから通訳された会話を聞くのが一般的です。

逐次通訳

逐次通訳は、話し手と通訳者が交互に発言をしながら通訳をおこなっていく形式となっています。

通訳者は話し手に質問をして内容を確認したり、メモをとったりすることもできるので、他の通訳と比べるとスピード感はややゆったりで、的確に訳さなければいけないシーンなどで使われます。

ウィスパリング

ウィスパリングは、同時通訳とほとんど手法は同じです。

通訳者が利き手の後方につき、話の内容を同時通訳していく形式となっています。

耳元で囁いて通訳していくので、2~3人などの少人数で行われる会議や商談などのシーンに利用することが多いです。

それぞれの通訳形式(手法)の特徴については下記の記事で詳しく解説しています。

逐次通訳・同時通訳・ウィスパリング|3つの違いは?活用シーン別に解説

海外進出の際に気をつけるべきポイント

海外進出する際には、現地の市場調査、国によって異なる法令の理解、人材採用と教育、言語対応、現地パートナーの探索が重要です。

現地の文化や商習慣を理解し、それに合わせたビジネス展開を行うことが求められます。

また、現地の法律を熟知し遵守することで、事前に防げるリスクは回避することが可能です。

現地パートナーや通訳者との提携は、現地の市場やネットワークを活用することができ、ビジネス展開をスムーズに進めることのハードルが下がるので、海外進出前に見つけることをおすすめします。

海外進出の通訳まとめ

この記事では、海外進出に関する通訳の重要性、依頼すべき通訳者の特徴などについて解説しました。ここでのポイントは以下の通りです。

  • 通訳は海外進出を成功させるために必要不可欠
  • 最適な通訳者に依頼できれば海外での取引や商談において信頼関係を築くことができる
  • 言語スキルだけではなく専門知識の持った通訳者に依頼すべき

この記事でもお伝えした通り海外進出においては、適切な通訳者の選定が重要です。

通訳者には、言語スキルだけでなく、専門知識やコミュニケーション能力、文化理解力が求められます。

適任する通訳者に依頼することができれば、ビジネスの海外展開、海外市場での成功を加速させることができます!

海外販路拡大をお考えならOCiETe (オシエテ)

海外企業とのアポイント獲得でお悩みなら、OCiETeのアプローチ代行サービスがおすすめです。
ターゲットリストの作成から、電話やメールリファラルでのアプローチ代行をご支援いたします。

商談アポイント獲得後は、商談準備のための翻訳や通訳者の同席も対応。
OCiETeではビジネスにおける専門知識はもちろん、各国の言語・文化に精通する通訳・翻訳者が多く在籍しております。商談はもちろん、企画書契約書の翻訳も対応可能。ご依頼内容に沿う最適な人材、プランをご提案いたします。お気軽にお問い合わせください。

  • 海外企業リサーチ
  • アプローチリスト作成
  • メールアプローチ文章作成
  • メール・架電・リファラル営業代行
  • 商談通訳
  • 資料翻訳
  • 定例MTG
    など、より詳しいサービス内容はこちら

「海外での販路拡大を考えているけれど、リソースがない」
「継続的なアプローチができずにいる」など、海外営業にお悩みでしたら一度ご相談ください。

海外企業へのアプローチ代行サービス▷
シェアもお願いします!

通訳・翻訳・現地アテンドについてなど、ご相談はお気軽にどうぞ!
お問合せはこちら

「現地の市場調査を依頼したい」
「自社の業界に詳しい通訳者・翻訳者はいる?」

など、ご相談やお問合せはお気軽にどうぞ!
(電話問合せはこちら : 03-6868-8786/平日10時~19時)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

ABOUT US
aftersummer.akihiro
オンライン通訳・翻訳サービスを展開するOCiETe編集部のライター 本当に依頼したい通訳者・翻訳者とマッチングできることを目指し、通訳・翻訳に関する情報をOCiETeコラムにて執筆。 セカビズでは、海外と関わる企業の悩みや成果などのリアルな声をもとに、世界進出を目指す方の「知りたい!」を解決するための記事を書いています。