【はじめての海外出張で不安な人へ】外務省運営の無料サービス「たびレジ」利用方法

海外は怖い?よくある海外出張にまつわる不安

はじめて国への渡航は不安がつきものです。特に海外への渡航自体がはじめてという方はなおさら不安になっているのではないでしょうか。

meg

私も初ひとり渡航(ミャンマー)の際は、宿に着くまで不安ばかりでした。

  • 強盗に襲われる
  • 盗難被害にあう
  • テロに巻き込まれる
  • 感染病にかかる
  • 自然災害に巻き込まれる

こうした事件・事故による日本人の被害は、国を問わず存在しています。だからこそ、不安や心配な気持ちを持っておく、油断しないということは正しいこと。ではそんな不安をどのようにすれば払拭できるのか。その方法をお伝えします。

何も知らないことが一番危険!常に情報を受け取れる状態に

海外で危険な目にあう理由は「情報不足」。何も気にせず日本と同じように過ごすと、何らかのトラブルに巻き込まれる可能性は高いです。あらかじめ情報を知っていれば事前の対策ができます。

事前対策の例
  • 蚊を媒介した感染症(マラリア、デング熱、チクングニア熱など)が多く報告されている→虫除けスプレーや長袖長ズボンを持っていく
  • 強盗が多数報告されている地域がある→危険エリアには近づかない
  • 盗難被害が多発している→多発地域ではスマートフォンや貴重品に特に注意する

今回はこのような事前対策や、もしもの時に役立つサービス「たびレジ」をご紹介します。海外出張前にぜひチェックしてください。

たびレジを使おう

たびレジとは

「たびレジ」は外務省が運営する無料のサービスです。事前にメールアドレスなどを登録することで、現地の最新情報(事件や事故、感染症についてなど)を受け取ることができます。

「最新情報であればSNSで収集した方が良いのでは?」と思われるかもしれませんが、現地の情報だと現地の言葉で発信されていて理解しづらい、全てが正しい情報とは言えないという問題もあります。たびレジなら現地の日本総領事館などを通し、正確な現地情報や大きな事件事故の際の安否確認、避難情報もタイムリーに受け取ることができます。

※「たびレジ」は滞在期間3ヶ月未満の短期旅行者や滞在者が対象のサービスです

たびレジで受け取れる情報

たびレジに登録すると下の例のような形で渡航先に関係する情報がメールやLINEに届きます。こちらのサル痘の注意喚起のような広域情報や、大規模イベント時の安全対策といった季節性のものまで、幅広い情報が随時送られてきます。

たびレジ登録方法

たびレジトップページ内「新規利用者登録をする」をクリック

たびレジトップページを開き、「新規利用者登録をする」をクリック。

プライバシーポリシーに同意

表示されたプライバシーポリシーを読み、「同意する(メールアドレスのみで登録)」をクリック。

メールアドレスを登録

たびレジからのお知らせを受け取るためのメールアドレスを登録します。

登録するメールアドレスは、携帯キャリアのアドレスだと海外での受け取り設定が必要な場合などもあるため、gmailなどのフリーメールアドレスを登録するのがおすすめです。ただし中国ではgmailは使用不可、yahooメールは使用可能など国による違いもあるため、渡航中に使用できるアドレスを設定しましょう。

たびレジから届いたメールの「旅行情報登録用URL」をクリック

メールアドレスを登録すると間も無く、たびレジからメールが届きます。メール本文内の旅行情報登録用URLをクリック。

パスワードを設定

メールのURLをクリックするとパスワード入力画面が開き、たびレジ用のパスワードを入力。「旅行予定入力へ」をクリック。

旅行予定を入力

旅行予定を入力するページ進みます。まずは滞在する国と地域を選択。

続いて滞在開始日、終了日を設定し、「次へ」をクリック。複数の国・地域への渡航を予定している場合は旅行日程の追加から登録することができます。

旅行者の情報を登録

最後に自分の情報を入力します。まずは氏名を入力。こちらは漢字ではなく、パスポートに記載しているローマ字を記入。続いて生年月日、携帯電話番号を入力します。

パスポートはヘボン式ローマ字で表記となっているため、表記が正しいか確認して入力しましょう。例:難波(なんば) → NAMBA◯ NANBA×

旅行会社などで手配をしている場合は、利用する会社名、参加名を入力します。個人手配など特に入力する情報がなければ、「利用しない」にチェックを入れます。全ての入力が終わったら「入力した内容を確認」をクリック。

登録情報の確認

これまで登録した情報が表示されます。間違いがなければ「入力した内容で登録」をクリック。

登録完了

登録完了の画面が表示され、入力したメールアドレスにも登録完了メールが届きます。

LINEで登録する場合

LINEを登録する場合は、スマートフォンからたびレジのトップページを開き、プライバシーポリシー同意ページで「同意する(LINEを連携して登録)」をタップ。

外務省領事局のLINEアカウントが表示されるので、「許可する」をタップ。

LINEのトーク画面に通知される外務省領事局からのメッセージをタップすると、上の画像のような内容が表示されます。

画面の下に表示される「メニュー」をタップすると複数のメニューが出てきます。「たびレジ旅行情報」というボタンをタップ。

トーク画面上に表示される「渡航予定がある方」をタップ。その後は先ほどご紹介した流れと同様にメールアドレスなどを登録していきます。

まとめ

今回は海外出張時に役立つ 外務省運営の無料サービス「たびレジ」利用方法 をご紹介しました。出張のお守りとして、渡航前にご登録しておきましょう。

たびレジについて
  • 外務省運営の無料サービス
  • 渡航先の危険情報やもしもの時のお知らせも受け取れる
  • メール・LINEで登録可能
  • 出張前のお守りとして登録がおすすめ

海外とのビジネスをスタートする前に

海外とのビジネスを開始する前に、下記のようなお悩みはないでしょうか?

  • 現地の情報を調査・リサーチしたい
  • 現地に住んでいる方へ自社の製品・サービスに対して意見を聞きたい
  • 海外クライアントとのやりとりは言語の壁が不安
  • 翻訳をどこに依頼すれば良いかわからない
セカビズ編集部

上記のようなお悩みをお持ちでしたら、まずはオシエテに無料でご相談ください!
「現地で同行してくれる通訳者はいる?」
「資料の翻訳やローカライズについて」
「現地在住の方に話を聞いてみたい!」
など、ご質問やお悩みがございましたら、専任コーディネーターがお答えいたします!

シェアもお願いします!

通訳・翻訳・現地アテンドについてなど、ご相談はお気軽にどうぞ!
お問合せはこちら

「現地の市場調査を依頼したい」
「自社の業界に詳しい通訳者・翻訳者はいる?」

など、ご相談やお問合せはお気軽にどうぞ!
(電話問合せはこちら : 03-6868-8786/平日10時~19時)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUT US
meg
フリーライター。海外へのソロ旅が趣味で、行き先は「できるだけ日本語が目に入らないところ」。よりローカル感が強い環境を好み、各国のスーパーはマストでチェックします。英語上級者ではない自分が各国に行った際の経験も織り交ぜつつ、皆様に役立つ情報をご紹介していきます。